WSUG Culture Talk Vol.2

Book-of-Japanese-books-662

WSUG カルチャートーク vol.2

wsug-culture-talk-vol2

日本の写真集はすごい!

飯沢耕太郎(写真評論家)
中村善郎(デザイナー)

[日時]2021 年 11 月 26 日(金)19:00~20:30(開場18:30)
[会場]WEEKS GALLERY 福岡市中央区薬院1-8-8 WEEKS BLD 5F
[会費]無料(要予約・20名まで)
[申込]event@yendesign.com に「名前(2名分まで)」「連絡先メールアドレス」を記入してお申し込みください。受付完了後、返信をいたします。

Youtubeにてオンライン配信も行います。下記のアドレス先よりご覧ください。
[配信]
WSUG YouTube チャンネル  https://youtu.be/weaGgfwWtNg

Book-of-Japanese-books-662

『写真集の本 明治〜2000年代までの日本の写真集662』発刊

日本の写真を愛する人のための本、『写真集の本 明治〜2000年代までの日本の写真集662』を刊行しました。これを機会に、福岡 WEEKS GALLERYにおいて、著者の飯沢耕太郎、構成の中村善郎によるトークイベントを開催します。また、WSUGにより、YouTubeで配信もいたします。

昨今、世界のアート界で「日本の写真集」に注目が集まっています。日本では、戦前〜現在まで長きにわたり、写真家たちが作品の結実としての写真集に心血を注いできました。そこには、編集者、デザイナー、印刷者たちの協働も加わり、各時代に世界観のある写真集が生み出されてきました。単なる作品を集めた本ではなく、コンセプト・デザイン・造本で作り込まれた世界観としての本です。

本著では、飯沢耕太郎の巨大コレクションから、今見るべき662冊をセレクト。150年に及ぶ日本写真史と、写真家のプロフィールをからめ、各写真集を表紙・本文頁の書影とともに解説しています。執筆には、飯沢耕太郎に加え、写真評論家 打林俊、デザインを中村善郎が担当しています。

➣ Speakers

IIZAWA Koutaro
飯沢 耕太郎|写真評論家。きのこ文学研究家。
1954年、宮城県生まれ。1977年、日本大学芸術学部写真学科卒業。1984年、筑波大学大学院芸術学研究科博士課程修了。主な著書に『写真美術館へようこそ』(講談社現代新書1996、サントリー学芸賞受賞)、『デジグラフィ』(中央公論新社 2004)、『写真的思考』(河出ブックス 2009)、『きのこ文学名作選』(港の人 2010)、『深読み! 日本写真の超名作100』(パイインターナショナル、2012)、『現代日本写真アーカイブ 震災以後の写真表現2011-2013』(青弓社、2015)、『キーワードで読む現代日本写真』(フィルムアート社、2017)などがある。

NAKAMURA Yoshiro
中村 善郎 | デザイナー
1955年福岡生まれ。マーク・ロゴなどグラフィックを中心にデザインを行う。『つくば写真美術館’85』カタログ、『草間彌生 Hi Konnichiwa』(講談社)、『この地でフランス料理をつくり続けていく 音羽和紀』(柴田書店)などアートやフードのブック・デザイン多数。著書に『ウェッブ・デザインの未来』(クレオ, 2001)。

■WSUG(Workshop Underground)とは
文化と芸術に関する次世代教育を目的に、中牟田洋一が 2021 年 5 月に設立。地下スタジオを拠点にワークショップ、アートイベント、撮影等の活動を行っています。
住所:福岡県福岡市博多区古門戸町 10-20 B1F 〒812-0029
https://wsug.net
https://yoichinakamuta.com

➣ Press Contact

ご質問、掲載や取材等に関するご希望がございましたら下記プレス担当までお問い合わせください。
Contact